本文へスキップ

幼稚園教諭免許を取得できる通信制大学・通信制短大。通信講座で幼稚園教諭二種免許・一種免許の取り方

幼稚園の年間行事

年間の季節・四季

幼稚園は毎月、何らかの行事が行われます。

幼稚園で行われる一年の行事をみてみましょう。


4月〜7月

4月は幼稚園のスタートの年。入園式が行われ、子どもたちの新生活が始まります。幼稚園に入園してきた子どものなかには、お母さんと離れ離れになるのが不安で、寂しくて、泣きっぱなしの子どももいます。

このような子どもを見守りながら、みんなが楽しく、安全に過ごせるよう配慮するのが幼稚園教諭の仕事です。

5月になると、こどもの日のお祝いの行事を行います。園庭に大きな鯉のぼりを飾ったり、子どもたちで鯉のぼりを作ったりします。また気候がいいので、遠足が行われる幼稚園もたくさんあります。

6月は衣替えのシーズンです。この時期に歯の検診や、内科検診を行う幼稚園が多いですね。またプール開きが行われるのもこの時期です。暑い夏をプールで水遊びしながら、涼しく過ごします。

7月は七夕の行事が行われます。笹に飾り付けをしたり、短冊にお願いごとを書いたりして祝います。この時期にお泊り保育を行って、キャンプファイヤーや花火大会を楽しむ幼稚園もあります。


9月〜12月

9月に参観日や展示会、発表会が行われる幼稚園もあります。

10月は運動会が行われます。芋掘りや栗拾いに出掛けて、秋の味覚を楽しむ幼稚園も少なくありません。

11月は子どもたちが作った作品を展示する、作品展が行われます。

12月は、子どもたちが大好きなクリスマス大会が行われます。男性の幼稚園教諭などがサンタクロースに扮して、子どもたちにプレゼントを配ります。

12月または1月に、餅つき大会を行う幼稚園もたくさんあります。


1月〜3月

1月は凧揚げ、寒い地域ではそりなどの雪遊び、寒中マラソン大会などが行われます。

2月は、節分の豆まき大会が行われます。子どもたちは鬼のお面を作成し、お面をつけて豆まきを楽しみます。

3月は別れの季節です。年長さんが卒業していきます。卒園式は幼稚園教諭にとって、最も感慨が深い行事です。入園当時はあんなに小さかったのに、しっかりと育って卒園していく姿をみて、ほとんどの先生が感激の涙を流します。

幼稚園は年中行事を大切にしながら、子どもたちの教育を行いうので、毎月何らかの行事が実施されるのが特徴です。

ご紹介した年中行事以外にも、毎月お誕生日会が開かれますし、合唱会や演劇の発表会、休職参観、保育参観、避難訓練、お年寄りや高校生など、ほかの世代の人たちとの交流などが行われることもあります。

こうしてさまざまな行事を通じて、子どもたちは経験を積みながら、すくすくと成長していくのです。