本文へスキップ

幼稚園教諭免許を取得できる通信制大学・通信制短大。通信講座で幼稚園教諭二種免許・一種免許の取り方

幼稚園教諭のメリット&デメリット、将来性

風船がいっぱいで喜ぶ6才の幼稚園年長児

幼稚園教諭の免許状があると幼稚園で教員として働けます。

幼稚園教諭の魅力&将来性、メリット&デメリットとはどのようなものでしょうか?


幼稚園教諭の魅力とメリット

幼稚園教諭の職業的メリット

幼稚園教諭の最大の魅力(メリット)は子どもたちの成長を支援し、日々子どもたちと触れ合いながら仕事ができることです。

子どもが大好きな人にとって、これほど魅力的でやりがいのある職業はありません。

入園当初は泣いてばかりいてなかなか幼稚園になじめなかった子が、少しずつお友達と仲良くなっていくにつれ、幼稚園が大好きになってくれた。

子どもたちから「先生大好き」と慕われる。

一人でお片付けができるようになったなど、子どもたち一人ひとりの成長を感じながら、働くことができます。

成長期の最も大切な時期に、幼児教育に主体的に関わることが出来るのが最大のメリットです。

⇒幼稚園教諭免許を通信教育で取得するメリット&デメリットはこちら!


幼稚園教諭のデメリット

幼稚園の先生は毎日大変です。

幼稚園教諭は大勢の子どもたちを預かり子どもの教育を行うだけではなく、子どもたちが安全に過ごせるように常に注意を払わなければいけません。

子どもにケガや事故が起こったら重大問題です。

少人数で大勢の子どもの安全を守らなければならないので責任が重く、一瞬も気が抜けないのがデメリットです。

また、幼稚園の教育方針などに細かく注文をつけたり、クレームを言ったりする親御さんもいます。

保護者と良好な関係を結ぶのが難しく、苦労することもあります。 園児たちが帰宅した後も、やるべき仕事が山ほどあります。

特にクラスの担任や、園内行事の担当者になると多忙を極めます。

残業も多いですし、自宅に仕事を持ち帰って夜遅くまで作業を行うこともめずらしくありません。

しかし担当した行事が成功し、子どもたちや保護者から喜ばれると、やりとげたという達成感が得られるというメリットもあります。

⇒保育士から幼稚園教諭になるには?


幼稚園教諭の将来性

将来性のある職業って何?

少子高齢化で子どもたちが減っていますが、幼児教育の重要性は変わりません。また保育園の待機児童問題がなかなか解消されず、幼稚園不足も社会問題となっています。

これらの問題を解決するために、保育園と幼稚園を一体化させた認定こども園制度が導入されるなど、子どもたちをとりまく環境も変わってきました。

特にこれからは女性の社会進出が積極的に進められていきますから、女性が働きやすいように育児問題の解決が急務となり、そのための施策の変更などが行われると予想されます。

幼稚園教諭だけでなく保育士の資格も取得しておくと、将来に施策変更などがあってもより柔軟に対応できます。

⇒幼稚園教諭免許を取得できる通信大学の比較。学費・学習システムを比較しました。